ことこと倶楽部 新着ニュース
[ワード検索]

2009年度《ことこと倶楽部》第1回 投稿者:上西律子 投稿日:2009/07/03(Fri) 15:39 No.41

5月16日(土)、《ことこと倶楽部》第1回を行ないました。

《ことこと倶楽部》も4年目をむかえました。新しいこどもたちが6人加わっています。

♪ いしかみはさみ かみなり せんこで ぼたもち ホイ!

これはじゃんけん遊びです。最初は1対1でジャンケン、負けた子は勝った子の後ろにつきます。
勝った子は、後ろに一人従えて、次の相手にジャンケンを挑みます。
次も勝てば、後ろに3人従えて、またジャンケン!
最後まで勝ち残ると、長い長い1列の先頭さんになれます。

最近はこども同士が向かい合って遊ぶことも、少ないのではないでしょうか。
《ことこと》では、初対面のこどもたちも挨拶がわりにジャンケンです。

さて第1回は、お三味線でお稽古がスタートしました。

最初に春樹先生が、お三味線という楽器についてお話をしてくださいました。
グループに分かれて、三味線に触れ、音を出してみました。
初めてのこどもたちにとって、お三味線はどんな響きがしたのでしょう。

参加したお母さんたちにも弾いてみていただきました。

ほのぼのとした、よいスタートを切ることができました。






《ことこと2009》の日程 投稿者:上西律子 投稿日:2009/05/24(Sun) 11:37 No.40

今年度の日程です。
今年も多彩な活動をしていきたいと計画中ですので、会場と日程は変更になる場合もあります。

@5/16 A6/6 B6/27 C7/4 D7/18 E8/1 F8/29 G9/5 H9/26 
I10/3 J10/24 K11/14 L11/28 M12/26 N1/9 O1/23 P2/6 Q2/13

《手漉き和紙のハガキづくり》第2回 投稿者:上西律子 投稿日:2009/04/12(Sun) 10:33 No.39

土塔庵での、紙漉き体験教室第2回のお知らせです。
前回は《ことこと》から11名が参加、とてもすてきなハガキを作ってくれました。

手漉き和紙のハガキづくり 第2回

  日時 2009年4月26日(日)
      午前の部 10:00〜 午後の部 13:00〜
  場所 土塔庵 (堺市中区土塔町2209)
  講師 中家珠実先生
      (宇陀紙保存技術保持者 福西弘行先生のお弟子さんです。)
  人数 午前/午後、それぞれ先着10名
  費用 1,000円 ハガキ4枚を手作りします。
     今回は、春にしか使えないものを素材とします。

春だけのものって…なんでしょうね。

すでに午前の部は10日で参加が10名に達していますので、申し込みを締め切らせていただいております。

第3回は5月31日(日)を予定しています。

《手漉き和紙のハガキづくり》のお知らせ 投稿者:上西律子 投稿日:2009/03/02(Mon) 15:29 No.38

《ことこと倶楽部》が昨秋お世話になりました土塔庵で、紙漉き体験教室が始まります。
講師は、福西先生のお弟子さんで、《ことこと》の紙漉き体験でもお手伝いくださったお姉さん、中家さんです。

手漉き和紙のハガキづくり 第1回

  日時 2009年3月26日(木)
      午前の部 10:00〜 午後の部 13:00〜
  場所 土塔庵 (堺市中区土塔町2209)
  講師 中家珠実先生
      (宇陀紙保存技術保持者 福西弘行先生のお弟子さんです。)
  人数 午前/午後、それぞれ先着10名
  費用 1,000円 ハガキ4枚を手作りします。
     今回は、自分の漉いた紙を干し板にのせ、土塔庵のお庭で乾かすところまで体験します(2回漉きます)。

第2回は4月26日(日)、第3回は5月31日(日)を予定しています。
大人だけの参加ももちろんOKです。土塔庵主催ですので、一般からの参加もあります。

♪紙漉きが楽しかった人、この指とまれ〜♪

《ことこと倶楽部》を通して参加を希望されるご家庭は、HPのお問い合わせアドレスからお申し込みください。(〆切 3/23)
お待ちしております。


《ことこと倶楽部》2008から2009へ 投稿者:上西律子 投稿日:2009/02/15(Sun) 08:42 No.37

《ことこと倶楽部》保護者のみなさま

今年度も《ことこと倶楽部》の活動にご協力・ご支援を賜りまして、有り難うございました。
おかげさまで昨日をもちまして、2008年度の活動を無事終えることができました。
34名のこどもたちとともに、《ことこと》らしい活動をさらに充実させ広げることができましたことを心より感謝いたします。

 夏休みに中村茂隆先生に戦時下のこどもの様子についてお話しいただいたり、土塔庵で紙漉きをしたり、
大峰山の山伏が遊びに来てくれたりした多彩な活動の成果を、ぜひ来年度につなげたいと考えております。

 来年度は「自分の仕事」というものを《ことこと》の活動の中に組み込みたいと計画しております。
この3年間、会場の準備、お箏の準備や後片付けなどは、すべて講師が行なってきました。
その中で私たちのその仕事のお手伝いができるこどもたちが育ってきたことは、今年度の大きな収穫のひとつです。

 受付の準備を手伝ったり、荷物を運んだり、調絃の手伝いをしたり、小さい子の面倒をみたり遊んでくれたり、
お箏の後片付けをしたり、遊び道具や名札を回収したり…。
こどもたちは本来、仕事を与えられること、道具に触れること、人のために働くことが好きなのです。
 そういう機会は、残念なことに今の学校や家庭には非常に少なくなってきております。
来年度の《ことこと倶楽部》では、遊んだり学んだりすることに加えて、《ことこと》での「こどもの仕事」を決めて、
責任を持ってやり遂げることの大切さを伝えます。
これは、こどもたちが大人になっていく上での大切な栄養となることでしょう。楽しみにしています。

 来年度の参加につきまして、ご家庭でお話し合いください。この時期では判断しかねるというご家庭もおありかと思います。
お返事をハガキに書いていただきますが、それは来年度の助成金申請に向けてのだいたいの参加人数を把握するためで、最終決定ではありません。
参加したいが、クラブ活動やお稽古事の曜日と時間、おうちの方のお仕事のご都合などが来年度になってみないとわからないという
ご家庭は、「未定」に○をしてご提出ください。
来年度に入りましてから、個別にご相談させていただくことにいたしましょう。

来年度の第1回は 5月16日(土) の予定です。

@4月4日(土) 「家族で楽しむ狂言会」に申し込まれたご家庭には、今月中にチケットをお送りいたします。
 チケット代金は当日いただきます。
 こどもだけで参加されるご家庭は「こひつじ保育園に9時集合」です。講師と一緒に保育園から出発します。

A3月26日(木) 「土塔庵、紙漉きワークショップ」があります。
 福西弘行さんのお弟子さん、中家珠実さんは11月の土塔庵でお手伝いくださったお姉さんですが、その後、
 土塔庵からぜひ紙漉きを催しとして定期的に続けたいというお申し出があり、今回は中家さんを講師として、
 土塔庵主催で実現するものです。
 午前と午後に分けて、それぞれ定員10名です。今回漉く紙はハガキで、お日様で乾かす工程までを
 すべて自分で行なうそうです。
 詳細が決定後、ご案内をさせていただきます。奮ってご参加ください。

では、こどもたちの感想と来年度ご参加のお返事をお待ちしております。 これからも、こどもたちの健やかな成長を祈りつつ

2009年2月15日 《ことこと倶楽部》 上西律子

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25]

処理 記事No 暗証キー